シンゴジラが地上波で放送されていました。
あまり興味のないカテゴリーですが、話題にもなったので見てみようと思いました。
TVを付けていると、まさに東京でそんな事が起こっている様な録り方をされていました。そこで芽生えたのは親の悪戯心です。
5歳の子どもに、東京にこんなのが来てるよ、関西の方にも、もう少しで来るかもしれないよと話していました。
すると、お家どうなるの?と怖がってきました。ぺしゃんこになるよ、見てごらん東京、めちゃくちゃでしょ?と言うと、子供は口をあんぐりと開けていました。
レンガの家でも?聞いてきたのは可愛いなと思いました。絵本の中の子ブタのレンガの家はこわされずに済んだからです。
レンガの家でも壊れちゃうよ、こっちにきたらどうする〜?と言っていました。
主人がその時帰宅し、主人にこっちにも来るかもしれないよね?と聞くと状況を把握した主人も悪乗りをしてきました。
しかし、彼が返した答えは何だかんだで関西の方はいっつも反れるから大丈夫だとよの事。まるで台風の常套句の様でした。

今日は、ずっと押し入れの中に入っていて溜まっていた読んでいない古い本をまとめて、段ボールの中に入れました。そして、古本の買取の手続きをして、あさって引き取りに来てもらう事にしました。今までずっと邪魔だなーと思っていたのですが、今回まとめただけですっきりしたのでとても気持ちが良くなりました。断捨離というやつですね。私は頭の中も爆発しそうですが家の中も片付かなくて爆発しそうです。とてもこんがらがっています。子供が生まれてからはなおさらで、自分のことは後回しになってしまったので、もう少し自分の時間を作って頭を整頓したいと思います。それにはやっぱり時間が必要だと思うので、時間を確保したいと思います。子供がいると、子供のこと第一なので何もかも後回しになってしまいます。なので、子供が成長するのは良いことですが、子供がある程度成長したらそれまでに自分のことを整頓して、自分なりに成長していきたいと思っています。今日は本当にスッキリしました。http://www.itolosa.co/vio.html