ネットの色んなマイナスについて演習しました。一報がディジタル化されたことで悪化の無いコピーが可能となり、コピーライトを侵害するようなマイナスもあります。コピーライトに迫る自由に、特許特権や品名特権などの業界資産特権(工業権威)があります。コピーライトと業界資産特権を合わせて知的資産特権といいます。コピーライトの侵害にはコンピュータの際、映像や音響などの知らせや放送そのものを曲事に写したり、自分のWebウェブサイトにwebの映像や音響CDの音響を掲載するなど、コピーライト所有者の許可なく流用するケースが考えられます。膨大な一報を自由にやりとり見込めるインターネットなどでは、その言動が無意識にコピーライトを侵害している場合もあります。不具合メイル(スパムメール)は一方系統に来るメイルの結果、メイルにしかけた沢山無しくみによって、端末一部のプライバシーを盗んだりWebウェブサイトにリンクさせてコンピュータウイルスを取り込むやり方もあります。コンピュータウイルスには絶対に気をつけたいだ。