物語のその巨大な戦闘マシーンとの少し長い戦いの続きなどの話をします

主人公たちは、その巨大の戦闘マシーンのメガラッシュジャブの動きが止まってから、攻撃を仕掛けます。その戦闘マシーンが、メガラッシュジャブの攻撃の後に、しばらく動かない状態となり、故障とかでは、なさそうなのですが、戦闘マシーンそのものが、相当古いものであるために、もしかしたら故障なのかなと思ってからの攻撃となります。その巨大な戦闘マシーンの状態の時間帯は、つまり防御も、出来ないという意味もあります。なので、これは、一気に、大技などを使い倒すことで、後の物語を進めることに対しても、体力の消費を軽減できるということにもつながるので、そこそこのチャンスなのだなとほとんどのメンバーたちが思います。主人公たちのメンバーの一人が、サウステクスワイドアタックを、放ちます。それは、最初は、ものすごく細いのですが、だんだんとそのビームが、敵にちかづいていくにつれて、ビームの幅が広がっていく攻撃技なのです。出来るだけ敵との距離が遠いほうが、効果絶大となる大技です。http://xn--vio-qi4btbzvkc.xyz/